Pick Up Links

ドリブルでルックアップが必要になる練習 ゴール4つ 4人で

シェアお願いします

「ターン」「駆け引き」+「ルックアップ」

【少年サッカー初心者】基本的なターンを習得するための練習

基本的なターンの練習にDFをつけて、プレッシャーをかけよう。

ターンを実戦で利用し、駆け引きを有利にする1対1の練習

これら3つの記事を

立て続けに、「ターン」と「駆け引き」をテーマにスキルを習得するために練習してきました。

足元の技術を個人練習でどれだけレベルアップしても

今回は、より実践的にアレンジしていく練習法の提案です。



4人で争う 4ゴール

練習用紙の無料ダウンロードはこちら

説明

図のようにコーンでゲート、マーカーでスタートポジションを作る。

コーンゲートは、ドリブル通過で1点。

コーチがランダムでパスを出す。出すと同時にスタート。どこのゲートでも良いので通過したら良い。

DFもFWもすべて個人戦。空いているゲートをいち早く探してゴールを目指します。

ポイント

闇雲にゴールに突っ込むのではなく、やはりルックアップして、どこにスペースがあるか把握させることが必要です。ボール保持者以外は、必死に奪いに来ます。

敵が多いので、ターンを上手く利用して、左右に相手を動かすことが大切になります。

ターンも接近戦で使うのではなく、使う距離を考えさせよう。敵が遠くても、左右に動かせば、敵も動きます。

敵もボールを奪うのに必死ですから、追いかけてきます。追いかけてこれないところに、どんどん、ボールを運びましょう。

チーム対抗戦にしてより得点の多いチームが優勝と、競争意識を高めても良いと思います。

実際のジュニア世代のサッカーでは、団子サッカーあるいは、団子サッカーから抜け出してきたばかりのサッカー。団子サッカーや抜け出してきたばかりのサッカーは、プレッシャーの速度が半端なく速いので、今回の練習はそんなハイプレッシャーを切り抜ける練習です。

練習に取り入れてみてください。