チームでも、親子でも出来る駆け引きの練習

シェアお願いします

translation

どうも、おは今晩ニチワ。相手の嫌なところを突くのがサッカーの醍醐味だと思ってる、サッカーフリークのゴラッソです。

サッカーは、、、サッカーだけではないが、相手がいて勝敗を決める勝負事は、すべてに於いて相手の嫌なところを攻めていくのことが最も大切な要素になってきますよね?サッカーだけに限らず、バスケットでも、野球でも、オセロでも、麻雀でも、敵の嫌なとこを突けるプレイヤー、嫌なところを見つけられるプレイヤーが勝利をものにすることが出来ると思います。

それらを盛り込んで、俗にいう「駆け引き」とも言います。

駆け引き

試合中にコーチが「駆け引きしろ」とか言われると思いますが、その言葉には、嫌なところを見つけろ、そこを突けと言う意味が投影されています。

サッカーでは、非常に大切なプレイの1つです。

むしろ、そこが出来ないと、ただ走ってボールを追いかけるだけのスポーツになってしまいます。

特に育成年代でこの技術を習得できなければ、上のカテゴリーに行くと大変苦戦します。

苦戦するプレイヤーの傾向としては、身体早熟のプレイヤー。フィジカルとスピードを全面に押してプレイします。若年世代では、それらが上手くいくので、嫌なところを突ける能力が低いプレイヤーが、多い傾向にあります。

そのため、フィジカルとスピードがどの選手も一定になってくると、それらの能力を向上させてなかった、身体早熟のプレイヤーは、頭打ちになってきてしまい、スランプに陥ってしまう。

そうならないためにも、駆け引きの練習をしっかりしていきましょう。

今回は、タイトルの通り、親子でも、チームでも出来る駆け引きの練習です。

まずは、練習方法から



練習方法

練習用紙のダウンロードはコチラ

説明

コーンで作ったゴールを二つ用意します。コーンが無かったらペットボトルや、ビブス、目印になるものを用います。

ボールをパスしてから始める、1対1を行います。

パスを受けた選手は、どちらのコーンでも良いので、コーンの間にゴールを止めたらゴールとします。

DFの選手も相手からボールを奪ったら、コーンゴールを狙います。

ポイント

まずは、ファーストタッチで相手の逆を取るよう意識しましょう。

右側のゴールを狙うふりをして、左のゴール、左のゴールを狙うふりをして、右のゴール。と言うように、相手をしっかり揺さぶるプレイを意識して、駆け引きを連続していきましょう。

駆け引きなく同じゴールをただ闇雲に狙うのは、練習の意味をなしません。しっかりそこを意識しましょう。

また、コーンの間に止めるためには、相手をしっかり振り切らないとできないので、ゴール通過や、コーンにシュートは、論外です。間にしっかり止めることを心がけましょう。

参考動画

パスを受ける時から駆け引きが始まってるので、ファーストタッチが肝心です。ファーストタッチから相手の動きをしっかり把握し、「揺さぶる」、「嫌なとこにボールを運ぶ」これが非常に肝心です。レアル・マドリードのトニ・クロース選手なんかは、鳥肌が立つほどそういったプレイが上手いですよ。参考にどうぞ

引用)Bella Paige

練習用紙のダウンロードはコチラ

シェアお願いします

フォローする

スポンサーリンク