親子でできる。2人組でできる。実戦形式シュート練習

シェアお願いします

translation

どうも、おは今晩ニチわ。今日もサッカー練習頑張りましょう!今日のサッカー練習は、シュート練習です。今回は、プレッシャーのある中で行うものです。

2人組ででき、親子でも、もちろんできます。パパ対決、ママとも対決。楽しく、役立つシュート練習です。

練習前に。【基礎トレ】【サッカーの為のストレッチ】の過去記事はこちら

親子でできる、実戦形式のシュート練習

図の無料ダウンロードはコチラ

シュート練習 追いかけプレッシャー 図1-図3ダウンロード

説明

図1のようにマーカー、コーンを設置します。

  • DF役の選手からボールを運びます。DFの選手は、マーカーとコーンで作った点線の三角形の中央にドリブルしてボールを止めます。(図1)

  • DF役が止めたボールをFW役の選手がボールを受け、水色のマーカーの外側(ここで言ったら左側)をドリブルで駆け抜けます。

  • DF役の選手は、コーンの外側を回り、後を追うようにDFに行きます。(図2)

  • FW役の選手は、時間をかけずにシュートを打ちます。DFの選手は、後ろからしっかりプレッシャーをかけに行きます。(図3)

ポイント

FWの選手は、ファーストタッチで、良いコントロール(シュートを打てる)を心がけてください。DFの選手のプレッシャーを感じないところに置く意識を徹底しましょう。

この状況では、FWが絶対に有利です。ここで決めなければ、試合を左右する大事な場面です。それをしっかり意識しましょう。

逆にDFの選手は、ここで決められたら、試合に負けてしまいます。追いかけて間に合うものでもない距離ですが、FWが1つ間違えて、ファーストタッチを失敗すれば、勝機があるかもしれません。また、後ろからプレッシャー、圧をかければ、FWがもたつく事もあるので、しっかり諦めずにプレッシャーをかけてください。

まとめ

試合でこのような状況は、1回あるか、ないかの決定機です。そういう状況の練習です。ここで決めるのと決めないのでは、大きな差が出てきます。もちろん、試合でこういうチャンスを決めることで、選手の自身にも大きな差が生まれます。

フィニッシュの型をキリトッタ練習になります。FWの選手は、練習では、100%決めれるように磨き上げてください。

試合では、様々なプレッシャーがかかります。練習で、100%でも本番では、70%ほどの確率になるが、練習でこの型を極めて、絶対に取りこぼさないようにトレーニングしてください。

PK合戦のように、勝敗をつけ、親子でこの練習をトレーニングするのもとても盛り上がります。ぜひ、トライしてみてください。

図の無料ダウンロードはコチラ

シュート練習 追いかけプレッシャー 図1-図3ダウンロード

練習前に。【基礎トレ】【サッカーの為のストレッチ】の過去記事はこちら