【目標管理シート無料ダウンロード】大谷翔平と青学陸上部と目標管理

シェアお願いします

translation

2018年のスポーツ界で素晴らしい功績を残した選手と言えば、MLBのロサンゼルス・エンゼルス所属の大谷翔平選手であることは、間違いないと思います。そして国内でも箱根駅伝で5連覇の掛かった青山学院大学も素晴らしい成績を残している。残念ながら日本サッカー界では世界的に偉大な記録を残した選手は、2018年にはいなかったが、今後は多くの希望がある。

この2つの選手(達)は、とてつもない記録を打ち立てている。

大谷選手と言えば二刀流でMLBに名を轟かせ、新人王にもその名を残しました。あの野球の神様「ベーブ・ルース」以来となる、シーズン中に2桁本塁打と投手として2勝以上を達成したこは、97年ぶりの快挙であるのは、記憶に新しい。

誰もが投手か打者かのどちらかを選択しなければ無理だと言っていましたが、そんな世の声も吹き飛ばし、目標を達成しています。

また、箱根駅伝4連覇の青山学院大学。来年は5連覇の掛かった年になります。歴史的には、6連覇の中央大学、5連覇の日本体育大学のがありますが、ここに迫りくる勢いの青山学院大学でもあります。

双方の若いエネルギーは、偉大な記録を作ったという共通点がありますが、その他にも興味深い共通点がありました。

目標管理シート

大谷選手と青山学院大学の共通点は、目標管理シートである。ただ目標を掲げるのではなく、半歩前の目標を具体的に設定し管理するのである。



大谷選手の目標管理シート

大谷選手の目標管理シートは高校時代、花巻東高校1年の時に書いたマンダラ―トである。マンダラ―トは、発想法の一種でアイデア整理・可視化して目標を達成していく方法である。大目標を中央にそれを達成するための8つの具体的な目標を掲げ、その8つを達成するための8つのアイディアを出していくという方法。

スポーツニッポンが花巻東高校時代の大谷翔平選手のマンダラートを記事にしてたことがあり、話題になりました。その完成度は現在の大谷選手を見たら納得できる物となっている。

その大谷翔平選手のマンダラートがコチラ👇

(出所)スポーツニッポン

高校1年生でこの完成度。圧巻です

青山学院大学の目標管理シート

青山学院大学は、目標管理シートは、マンダラートに比べるとシンプルなものですが、その内容は、具体的で半歩前の設定になる。現状からかけ離れた目標では、モチベーションも下がるので、少し手に届きそうな目標にしてある。

そもそも、指揮を執る原晋監督が目標管理を定着させたのである。原監督は、ビジネスマン時代に素晴らしい営業成績を残しており、その時、目標を達成するのに目標を管理しながら営業し「伝説の営業マン」と呼ばれるまでになったそうです。目標管理シートは、ビジネスで頻繁に活用されたツールでもあるのです。

原監督の考えは、学生たちが大学を卒業し、社会に出て仕事をしていくときにも自らの目標を管理することが必要であると言うことも含めてこれらを学生に指導しているようです。指導者として本当に素晴らしい考えをお持ちの方です。

青山学院大学の生徒たちは、監督に練習させられている印象はなく、自ら打ち立てた目標・課題をクリアするために進んで練習している印象でした。目標も、「タイムを2秒伸ばす」などとても具体的なものを、練習に出る前の玄関や見えるところに貼っていました。

一般社会でも

目標を用紙に見えるものにしなくても、皆さんは頭の中でやっている作業であると思いますが、それらを整理し可視化することで脳にフィードバックすることができる。哺乳類でも人間が特別進化を遂げてきたのは、このようにして「書いて残す」ことが特別な能力であるので、この能力を存分に利用するほかありません。

私自身、リハビリテーションの世界に身を置かしてもらってるのですが、リハビリテーションでも各患者それぞれに治療の目標計画を立てます。長期目標と短期目標を立てるのですが、短期目標は2週間くらいを目途に目標を立てていきます。具体的な関節の角度・筋力の数値、また、出来る動作とできない動作を数値化してそれらを改善します。目標を立てるにあたっては、文献や論文を元に目標達成が可能なものかそうでないかを吟味しながら具体的に行っていきます。医者や看護師といった他の専門職も同じような作業を行っている。

目標を立てそれを可視化することが、社会に出ても重要なスキルなのでこれらのことが、習慣化できればしっかり自立できます。ジュニア世代から習慣化すれば素晴らしい大人になれると思います。

サカクル 目標管理シートとマンダラート

今日はサカクルから、目標管理シートとマンダラートの無料ダウンロードを提供します。

新年から新たに目標を掲げ、より良い選手になっていきましょう。

マンダラート

無料ダウンロードは 目標管理シート一覧へ

無料ダウンロードは 目標管理シート一覧へ

こちらが、マンダラ―ドのテンプレートになります。中央の黄色い部分に大きな目標を掲げ、それを達成するために必要なことを8つ書きます。その8つを外側の枠の灰色に記入し、それを達成するために必要なことを書いていく。

目標を達成するためにマスを埋めていくのですが、

緑色の部分に書くことは、他の目標を達成する項目と重複しても構いません。

灰色に記入する目標は、重複しないようにしてください。

大谷翔平選手のマンダラートを参考にするのも良いと思います。

小学生の低学年には少し大変な作業になるので、高学年くらいからがおススメです。また、スポーツだけに限らず他の分野にも利用可能になります。

マンダラートのマスはA4用紙では小さいので、A3に拡大するほうが記入しやすいです。私は、自宅でA4をプリントアウトした後、コンビニで拡大コピーしました。

無料ダウンロードは 目標管理シート一覧へ

目標管理シート

無料ダウンロードは 目標管理シート一覧へ

無料ダウンロードは 目標管理シート一覧へ

目標管理シートは長期目標と短期目標を書くようになっています。長期目標は、ざっくりとしたものでも良いのですが、短期目標は、細かくより具体的に記入しましょう。

例えば、

長期目標

DFとしてボールを奪う能力をあげる

短期目標

ドリブル相手の敵から、すぐに足を出さないで相手からボールが離れたら体を入れる。3週間で習得する

無料ダウンロードは 目標管理シート一覧へ

と言うような具合に、記入しましょう。短期目標はより具体的に、期限を設けるのも良いです。長期目標はもっと大きなものでも良いと思います。

また長期目標を決めきれなければ、短期目標のみでも良いです。しかし、短期目標は、必ず具体的な内容で記入しましょう。また字はできるだけ大きく書き、意気込みを文字に注入してください。こちらもA3で拡大コピーすると見やすいと思います。

無料ダウンロードは 目標管理シート一覧へ