Pick Up Links

これをやっていれば、勝手に駆け引きがうまくなる。2対1の練習

シェアお願いします

サッカーはチームプレイ

世界のサッカーでも国内のサッカーでも、数々のスーパーゴールが生まれ、皆さん熱狂されています。サッカーは、ゴールを決めて勝敗が決まる。判定勝ちはない。そんなスポーツです。2018年のゴールを振り返って見てみると、11対11で行うのですが、ボールに相手が引き付けられ、おびき寄せられて、人数不足、数的不利になった時に、シュートを打たれて、点を奪われる。ゴールを奪った方は、その逆の状況が起きています。

まずは、2018年のスーパーゴールをじっくり観察してみましょう。

引用)Notelicioux

人数は、ごちゃごちゃいるものの、結局駆け引きの中から、パスをしてシュート、パスを受けて1人をかわしてシュートと、部分的にキリトッてみると、結局2対1の状況が起こっている。攻撃側から見ると。

前回、少年サッカー練習メニュー【2対1】でチームプレイを覚えようでサッカーの最小単位は、2対1の記事を書きました。

ゴールが決まるときは、この2対1の状況がどこかで一瞬生まれ、シュートを打ちゴールが決まるのです。

今日は、そんな2対1の練習メニューです。



2対1のゲーム

練習用紙のダウンロードはコチラ

説明

ゴールを図のように3つ作る。

エリアはフリーで行う。

2人組は、ゴール1つの方へ、1人はゴール2つの方へ攻撃する。

ゴールはドリブル通過とする。

ポイント

慣れてきたら、ゴールをコーンではなく、ミニゴールを設定し、シュート可能にする。

エリアを決めずに行い、後ろからの通過もゴールとし、頭をしっかり使わせる。ピッチ内では常に頭を休めさせない、考えることを意識する癖をつける。

大人でも考えることができないアイディアも生まれてくることもあるので、型にハマらず行ってもらおう。

点数制限、時間制限で、組を交代しながら行う。